世界に羽ばたけ‼︎Jリーグ&エスパルス

Jリーグと清水エスパルスを応援するブログです。

レアンドロ・フレイレの移籍先候補は清水エスパルスか。

NATIONAL NEWS, シャービス

レアンドロ・フレイレの移籍先候補は清水エスパルスか。すでに日本へ出発したとの報道も

              (2017-01-22 FUTEPORより借用)

『A BOLA』

先日、日本への移籍の可能性が報じられていたシャービスのブラジル人CBレアンドロ・フレイレ。移籍先の候補とされるクラブ名は明かされていなかったが、『A BOLA』が、新天地候補に清水エスパルスの名前を報道した。

この日、シャービスはポルトガル人CBヌーノ・アンドレ・コエーリョの獲得を発表。そして、同メディアはこの補強を「日本のクラブ『Simzu』へ発ったフレイレの穴を埋める補強」と報じた。

仮にA BOLAのこの報道が真実であれば、レアンドロ・フレイレは、清水エスパルスとの契約のためすでに来日途中ということになるが、果たして。

m.abola.pt/noticia.aspx?id=652032

©FutePor -ふとぽる-

◇takaの感想
まだ飛ばし記事の域を脱していませんが少し紹介します。

レアンドロ・フレイレ

Embed from Getty Images


レアンドロ・フレイレは、1989年生まれ27歳のブラジル人CB。クリスランと同様に187センチという長身が特徴的だ。ポルトガルへの初上陸は、2010-11シーズンに加入した強豪ビトーリア・ギマラインス。続いて移籍したナシオナルでも、主に控え選手としてプレーしていたが、転機となったのは、昨季2015-16シーズンのアポロン・リマソール(キプロス)移籍。東欧の地でポルトガル人監督ペドロ・エマヌエルに率いられ、44試合で3ゴールと才能を開花させた。その活躍もあり、今季は2部上がりのシャービスへ加入しポルトガルへ復帰。初めてチームの守備の要として認められ、若き名将ジョルジ・シマオン(現ブラガ)のもと、小クラブの7位躍進の立役者となった。

フレイレの武器は、打点の高いヘディング。屈強な身体を活かし、敵の攻撃を跳ね返す力はもちろん、セットプレーでは攻撃面でもチームの得点に貢献する。また、フィード力に優れ、ディフェンスラインから攻撃を組み立てる能力も優れている。その中でも、フレイレ最大の特徴は、守備における粘り強さ。ギリギリのところで脚を投げ出し、相手の攻撃をシャットアウトする迫力は、チームの守備の要と言うに相応しい。加入するJクラブでも、ディフェンスリーダーとしてチームの守備力強化に貢献できるだろう

(futeporより引用)

いよいよ、補強情報が出てきましたね。


FWの選手と違い、どうしても地味な取扱いになりますが、
実現すればとっても良い補強じゃないかな、と思っています。
CBのほか、SBもやれるようですね。ボランチも出来そうな感じです。
ポルトガルリーグ一部、現在7位のチームのバリバリレギュラーCB。
シーズン途中なので、コンディションは問題なしです。

移籍金は50万ユーロ(約6000万)らしいですが、
若くてキャプテンシーのある選手のようですから是非獲得したいですね。

もしフレイレ選手を獲得すると、
ビョンを含めCB だけで外国人枠を3つ使うことになります。
新たにFWをとるなら、ドスサントス選手の契約は微妙になるかも。


昨日打ち上げした沖縄キャンプ。
ドスサントス選手はどうだったんでしょうか?
噂では、連日ボランチのテストをしていたそうですが。


今後のオフィシャルのリリースには注目ですね!



【苦言】「2017シーズンシート チャレンジ6,000!」について


「2017エスパルスシーズンシート チャレンジ6,000!」について

(2017年1月20日オフィシャルより引用)


いつもエスパルスに熱いご声援をいただき、誠にありがとうございます。


昨年の11月下旬から販売を開始した2017シーズンシートは、継続・新規ともに、多くの皆さまからお申込みをいただいております。


エスパルスは、6,000席のお申込みを目標に営業活動を行っておりますが、この度「2017シーズンシート チャレンジ6,000!」として、本サイトのトップページ左上部に、現在のご契約席数を表示させていただくこととなりました。今後も随時、数字を更新して参ります。


シーズンシートは、クラブ運営安定化のため、とても大事な収入です。

ぜひ、ご家族・ご友人をお誘い併せの上、お買い求めいただきたく、何卒お願い申し上げます。


株式会社エスパルス


【過去実績】 ※ハーフシーズンシート含む

2011シーズン:5,296席

2012シーズン:5,203席

2013シーズン:4,742席

2014シーズン:4,567席

2015シーズン:4,992席

2016シーズン:4,375席


◇takaの感想
あえてキツいことを言わせてください。

新体制発表会の時に社長からお話しがありましたが、
当初は、2011年の販売をしのぐ勢いで売れていたんでしょうね。

破竹の9連勝で、J1昇格!!
私もその中の1人として、妻の分も含めて購入いたしましたから。

だから清水のポテンシャルとして、
4000ぐらいの数字は何があっても売れるんでしょうね。
コアサポ層の購入ですから。
ただし此処からは、購入を決めかねている層への販売です。
背中を押してあげる何か一押しが絶対必要です。
今季を期待させるような何か、です。

今の清水に何かありますか?

お隣は、中村俊輔でシーズンシートの売上が絶好調ですよ。
うちに心踊るような情報、何がありますか?


大前選手が電撃移籍し、期待の補強も全く音沙汰無し。
こんなんじゃ、売れるものも売れませんよ。


いいですよ自分らは。残った清水の選手たちの活躍を信じてますから。
でも本気で売りたいなら、ほかにやることあるでしょ。

今回のシーズンシートの販売がもし6000いかなかったら、
これは絶対にフロントの責任ですよ。
まあ強化部人事の刷新は、
移籍補強関係が上手くいかなかった事の表れと解釈してますが。

購入のお願いする前に、早く補強の情報をリリースして下さい。
そうすれば嫌でも売れますよ、絶対に。



六平、伊東輝ら背負った新背番「7」に「責任持つ」

【清水】六平、伊東輝ら背負った新背番「7」に「責任持つ」

            (2017年1月19日スポーツ報知より借用)


 清水エスパルスのMF六平光成(26)が18日、今季もボランチとサイドバック(SB)の“二刀流”で勝負する考えを明かした。プロ5年目で初の1ケタ背番号「7」を託された男は、マルチな活躍を見せるつもりだ。

 この日の沖縄は気温20度を超えたが、余裕の表情でランニングメニューを消化した。「去年より走れているし、コンディションはいいです」。J1では初の開幕スタメンに向け順調な調整を続けている。

 昨季は本職のボランチのほか、負傷者が出た際は右SBでも出場し、プレーの幅を広げた。「どちらもやりたい。出た時にいいパフォーマンスが出せるように、両方のポジションの準備をしていければ」と猛アピールするつもりだ。今季から前橋育英高、中大でも付けてきた愛着ある7番を託された。清水では伊東輝悦らが背負ってきた重みある番号だけに「責任を持ってやりたい」と覚悟を決めた。

 チームの平均年齢は25・86歳。若手は“卒業”し、中堅と呼ばれる年齢になった。FW大前の移籍で空席となった主将について問われると「自分には向いてないかな」と苦笑しつつも「プレーでは中心となってやりたい」とキッパリ。俳優の直政氏を父に持つ26歳が、今季の主役を張る。(武藤 瑞基)

◇takaの感想
本拓の穴を埋める候補として、自分は六平か浩太と考えている。
ただこのボランチというポジションだけは、
今後の補強の関係で大きく変化する可能性がある。
なので、六平のボランチと右SBでの勝負はとても現実的だと思う。


ボランチもそうだけど、六平の右SBは魅力あるなあ。
怪我がなければ、定位置(SB)として不動のものになりかけてたのに。
鎌田、飯田、六平の競争はホント、楽しみです。
自分的に今年のキーマンは、六平とみている。期待してますよ。


ところで欧州発のボランチ情報は、その後どうなってしまったんでしょうか?
神戸がポドルスキ、千葉がラリベイやら、欧州から続々と情報が入ってきてます。


そろそろ欲しいなあ、踊れるはなし・・・