世界に羽ばたけ‼︎Jリーグ&エスパルス

Jリーグと清水エスパルスを応援するブログです。

ピーター・ウタカ、現在、契約交渉中!?

サンフレッチェ広島 2017シーズン スタッフ・選手について


サンフレッチェ広島では、2017シーズンのスタッフ体制ならびに選手背番号を、下記のとおりご案内させて頂きます。

 

  2017シーズン サンフレッチェ広島 スタッフ

スタッフ 役職/氏名/生年月日/年齢

 監督:森保 一/1968年 8月23日/48歳

ヘッドコーチ:横内 昭展/1967年11月30日/49歳

~中略~ 


2017シーズン サンフレッチェ広島 選手

~中略~

備考 ピーター・ウタカ選手につきましては、現在、契約交渉中です。 

(サンフレッチェ広島HPより借用)

広島の背番号決定…「7」は茶島、新加入・工藤は「50」 ウタカの契約は交渉中


 サンフレッチェ広島は11日、2017シーズンにおけるトップチームの背番号を発表した。

 2016シーズンの明治安田生命J1リーグを年間6位で終えた広島。引退した森崎浩司氏が着けていた背番号「7」はMF茶島雄介が引き継ぐこととなった。12年間にわたって広島の攻撃陣をけん引したFW佐藤寿人の「11」は空き番号となった。

 新加入選手では、セアラ・スポルティング・クラブから加わったブラジル人MFフェリペは「10」、バンクーバー・ホワイトキャップスから加わったFW工藤壮人は「50」を着用する。また、2016明治安田生命J1リーグで得点王に輝いた元ナイジェリア代表FWピーター・ウタカに関しては、現在契約交渉中と明記された。

(SOCCER KING 1/11(水) 17:25配信より引用)

◇takaの感想

まだ広島と交渉していたんですね、ウタカ。
すでに昨年のレンタル契約は満了しているので、
新たな契約に関する交渉ということですかね。


広島側からするとすでに補強人事も終え、
ウタカとのレンタル契約も満了しているのにどうなっているのでしょうか?
考えられるのは、
1.再レンタルの打診でしょうか?
2.移籍金を値引いての、買い取り打診でしょうか?

3.当初契約上に何らかの制限があるのでしょうか?


最近の報道を見ていて不思議に感じているのは、
ウタカの保有権は清水が持っているのに、
ウタカの処遇について広島が主導していること。


自分が考えるに、
ウタカの初めのレンタル契約の際に、
買取を前提にした「買取オプション」が設定されているのではないか、
と想像しています。
買取オプションが設定されている場合には、
ウタカの主導権は広島側にあります。
通常の買取オプションだったら、買取しなければ清水に返却されるのですが、
そうなっていないということは、買取前提になっているのではないでしょうか?


そうすると今回の一連の流れの辻褄が合うんですよね。
契約当初の際の広島の立ち位置としては、
当然リーグ優勝、ACL出場は視野に入っていた立場ですから。


それがリーグ戦の低迷、そしてACLを逃したため余剰人員と化した。
なので広島としては、
ウタカを買い取ったうえでの売却を考えているところではないでしょうか?
(あくまでも推測に基づいての話しです。)


となると清水側からの、
ウタカのレンタルバックで、大前の穴を埋める。
という考えは、成立しなくなりますけどね。
簡単にはいかない話しということになりますね。


本来ならば、ウタカを売却して大前の年俸(約5000万)とを元手に、
実績のあるFWとボランチを獲得するのが一番良いのですが、
今の時点では時間がなさすぎる!


テセにもしものことがあった場合、
大前選手の移籍により一気に不安材料と化しました。


こんな不安だらけの新体制発表は近年あったでしょうか?
攻撃陣の穴は百歩譲って若手で埋めるとしても、
せめて守備の不安解消だけは最低限してほしいです。