世界に羽ばたけ‼︎Jリーグ&エスパルス

Jリーグと清水エスパルスを応援するブログです。

【苦言】「2017シーズンシート チャレンジ6,000!」について


「2017エスパルスシーズンシート チャレンジ6,000!」について

(2017年1月20日オフィシャルより引用)


いつもエスパルスに熱いご声援をいただき、誠にありがとうございます。


昨年の11月下旬から販売を開始した2017シーズンシートは、継続・新規ともに、多くの皆さまからお申込みをいただいております。


エスパルスは、6,000席のお申込みを目標に営業活動を行っておりますが、この度「2017シーズンシート チャレンジ6,000!」として、本サイトのトップページ左上部に、現在のご契約席数を表示させていただくこととなりました。今後も随時、数字を更新して参ります。


シーズンシートは、クラブ運営安定化のため、とても大事な収入です。

ぜひ、ご家族・ご友人をお誘い併せの上、お買い求めいただきたく、何卒お願い申し上げます。


株式会社エスパルス


【過去実績】 ※ハーフシーズンシート含む

2011シーズン:5,296席

2012シーズン:5,203席

2013シーズン:4,742席

2014シーズン:4,567席

2015シーズン:4,992席

2016シーズン:4,375席


◇takaの感想
あえてキツいことを言わせてください。

新体制発表会の時に社長からお話しがありましたが、
当初は、2011年の販売をしのぐ勢いで売れていたんでしょうね。

破竹の9連勝で、J1昇格!!
私もその中の1人として、妻の分も含めて購入いたしましたから。

だから清水のポテンシャルとして、
4000ぐらいの数字は何があっても売れるんでしょうね。
コアサポ層の購入ですから。
ただし此処からは、購入を決めかねている層への販売です。
背中を押してあげる何か一押しが絶対必要です。
今季を期待させるような何か、です。

今の清水に何かありますか?

お隣は、中村俊輔でシーズンシートの売上が絶好調ですよ。
うちに心踊るような情報、何がありますか?


大前選手が電撃移籍し、期待の補強も全く音沙汰無し。
こんなんじゃ、売れるものも売れませんよ。


いいですよ自分らは。残った清水の選手たちの活躍を信じてますから。
でも本気で売りたいなら、ほかにやることあるでしょ。

今回のシーズンシートの販売がもし6000いかなかったら、
これは絶対にフロントの責任ですよ。
まあ強化部人事の刷新は、
移籍補強関係が上手くいかなかった事の表れと解釈してますが。

購入のお願いする前に、早く補強の情報をリリースして下さい。
そうすれば嫌でも売れますよ、絶対に。