世界に羽ばたけ‼︎Jリーグ&エスパルス

Jリーグと清水エスパルスを応援するブログです。

レアンドロ・フレイレ本人が明言!「日本の清水に行く」

レアンドロ・フレイレ本人が明言!「日本の清水に行く」シャービスへの別れの挨拶も


『maisfutebol』


2-0の勝利にフル出場で貢献したナシオナル戦後、シャービスのブラジル人CBレアンドロ・フレイレがインタビューに応じ、日本の清水エスパルスへの移籍を明言した。また、半年間を過ごしたシャービスへの別れともとれる言葉を残した。

「常にポジティブな結果を残せるよう、シーズンを通じてチームとして取り組んできた。リーグでは6位に到達でき、目標としていた勝ち点40との距離を縮めることもできた。チームはとてもよくプレーしている。それこそが重要なことなんだ」

「ここは僕にとって、素晴らしいホームだ。僕を受け入れてくれた全員に感謝したい。サポーター、クラブ、そして選手たちからも愛情を感じている。素晴らしいグループであり、こんなにもいいチームは僕のキャリアで見たことがなかった。シャービスを応援し続けるよ。未来は神だけが知っているけれど、いつの日か戻ってきたい」


「僕は日本の清水でプレーする」


連日の報道通り、ついに清水エスパルスへの移籍を明言したレアンドロ・フレイレ。シャービスでのおそらく最終戦を終え、いよいよチームのディフェンスリーダーが来日する。

NATIONAL NEWS, シャービス (2017-01-24 FutePor より引用)

J1清水、DFフレイレ獲得へ ポルトガル1部で活躍


 J1清水が新外国人選手として、ポルトガル1部チャベスのブラジル人DFレアンドロ・フレイレ(27)を獲得することが23日、有力になった。今月中に来日する見通し。身体検査後に清水の練習に加わり、契約の手続きを進める

  187センチのフレイレは、主にセンターバックとボランチでプレーする。対人の強さと前線への正確なロングパスが持ち味で、チャベスでは主力として活躍している。

  フレイレは23日(日本時間24日未明)のポルトガル1部リーグ戦後にブラジルに一時帰国し、その後来日する。クラブ関係者によると、30日から鹿児島市で行う清水の2次キャンプ中の合流を目指す。

(2017/1/24 静岡新聞より引用)

◇takaの感想
静岡新聞からのリリースがあったので、
今更セレッソなんて事はないと思います。
現地の翻訳記事を掲載しておきますね。


私、今回の様な地味だけどピンポイントな補強って、大好きです。
今回はFW偏重の補強政策からも脱却してますしね。

安定してJ1の舞台で戦うことを考えたら、
やはりまずは守備ですよね。鹿島が良い例です。
守備を整備したうえで攻撃を考える。
(今は過渡期でCB過多になってしまったが、いずれ解消されるでしょう。)


フレイレ選手の最大の特徴は、その粘り強い守備能力と正確なフィード力。
CBで使ってこそ、本来の能力が発揮されるんでしょうね。
しかし良い選手獲ったなあ・・・

立田とか、犬飼とかすごい勉強になるんじゃないかな。


ドスサントス(カヌ)選手が三浦選手の穴埋めと仮定すると、
フレイレ選手分は完全な上積み戦力。
(本拓選手の穴は、浩太と六平で埋めたと思っている。)


そう考えると、あとは大前選手の穴だけです。
やっぱ大きいなあ、この穴は。
でも若手が覚醒するチャンスとポジティブに考えましょうか。


ここの目処さえつけば、なんか開幕の神戸戦。
ひょっとしたら、ひょっとするんじゃないですか?
そんなに甘くはないと思いますが、期待せずにはいられません!!