世界に羽ばたけ‼︎Jリーグ&エスパルス

Jリーグと清水エスパルスを応援するブログです。

ダ・ゾーン特需による強化配分金の全容が明らかに

J1優勝で3年15.5億円を支給! ダ・ゾーン特需による強化配分金の全容が明らかに


リーグ賞金と合わせて優勝チームには翌年13億円が入ることに。

 Jリーグは2月9日、「強化配分金」を新設し、今季の優勝チームには翌年からの3年間で計15.5億円を支給することを発表した。

 英・動画配信大手のパフォーム・グループと10年間で約2100億円の契約を結んだJリーグ。その資金を元手に、「強化配分金」の設置を検討していたが、その導入決定と具体的な配分方法が明らかにされた。

 「強化配分金」はリーグ戦の1位~4位までのチームに支給され、その年の優勝チームには、翌年に10億円、2年目は4億円、3年目は1億5千万円と分割して支払われる。2位チームは、翌年に4億円、2年目は2億円、3年目は1億円、以下、3位チーム(翌年が2億円、1億5千万円/3年目はなし)、4位(1億8千万円/2、3年目はなし)となっている。

 また併せて、17年シーズン以降のリーグ戦賞金の改定も発表。年間1位=3億円(16シーズン:1億円/CS勝者|8000万円/年間勝点1位)、2位=1億2千万円(16シーズン:2000万円/CS敗者|3000万円/年間勝点2位)、3位=6000万円(16シーズン:2000万円/年間勝点3位)と、昨年から微増した。

 なおJリーグによると、「強化配分金」の配分条件として、1:Jリーグの理念・活動方針に沿った目的に拠出しているか、2:クラブライセンスにおいて当該年度のJ1ライセンスを保有しており、かつ当年度のリーグ戦に参戦していること、3:当年度の配分金予算執行に関して理事会において決議されており、かつJリーグ内で支払い決議が下りていること、が前提だとしている。

(SOCCER DIGEST Web 2/9(木) より引用)

◇takaの感想
強化配分金についてまとめてみました。

■配分金額
(J1)      1年目    2年目    3年目      合計 
優勝チーム  10.0億円  4.0億円  1.5億円  15.5億円
2位チーム   4.0億円  2.0億円  1.0億円   7.0億円
3位チーム   2.0億円  1.5億円     0円   3.5億円
4位チーム   1.8億円     0円     0円   1.8億円
■均等分配金(成績に関わらず分配)
J1 3.5億円
J2 1.5億円
J3 0.3億円
■リーグ戦賞金の改定(J1)
1位 3.0億円
2位 1.2億円
3位 0.6億円
■ACLサポート※
0.2億円
※リーグ上位4クラブと天皇杯優勝チームが重複しなかった場合、
天皇杯優勝チームのみ0.8億円支給。
■降格救済金
均等配分金の80%相当額。
(例J1→J2の場合、2.8億円。J2均等分配金1.5億円+降格救済金1.3億円。)


改めてすごい額だな。
優勝すると、総額22億円(15.5億+3.5億+3億円)かあ。
今年の各チームが目の色変えて強化しまくったのが良く分かる・・
でもこれを当て込んで投資するのは、少し危険なような。

Jリーグが財務基準の緩和を検討 3期赤字で不交付撤廃も


 JリーグがJ1やJ2の参加要件となるクラブライセンス制度について、3期連続赤字で不交付となる項目の撤廃など財務基準の緩和を検討していることが31日、分かった。J1上位に総額約28億円を与える理念強化配分金の新設に伴い、クラブの投資意欲を活発にする策に乗り出す。

 リーグは英動画配信大手、パフォーム・グループと10年約2100億円の大型契約を締結。資金を還元するクラブにも国際競争力やブランドを高めるため、投資型経営への転換を求めている。赤字の制限を緩めれば大物選手の獲得などの積極策を促せるとみており、分科会を設けてまとめる。

 クラブライセンス制度は各クラブの経営健全化を目的に2013年から導入された。債務超過か3期連続の赤字でリーグ参加資格を失う。堅実な経営への意識を高めた一方、縮小均衡により日本勢が2009年以降、アジア・チャンピオンズリーグ優勝を逃す要因になったとの批判もあった。

 村井満チェアマンは「Jリーグの経営者が変われるかどうかが問われている。ライセンス制度が投資型の経営者を生み出さないものとなっているなら、もう一度議論したい」と話している。

(2016.12.31 SANSPO.COMより引用)


Jリーグは積極投資するように、規約改正してでもやってく気なんですよね。
一度経営破綻した内としては、少し臆病になってしまうところがあります。


恩恵を受けられるのはほんの一部の上位チーム。
まだ自分たちには、縁のない世界です。


でも良く考えてみたら、
5位までのチームとなら条件は同じなんですよね。
そこまでなら、普通に狙えるはずです。
とりあえずは、そこのところを目標にしましょうか。