世界に羽ばたけ‼︎Jリーグ&エスパルス

Jリーグと清水エスパルスを応援するブログです。

J2リーグ第37節レビュー vs北九州戦

◆試合結果
清水2-0北九州
得点【清水】大前32’、テセ90+5’


◆スタメン(清水)
GK  植草
DF  三浦 犬飼 角田 松原
MF 石毛 本田 竹内 白崎 
FW 大前 テセ
サブ リキ 川口 二見 澤田 村田 金子 北川
交代 石毛→村田70’、大前→金子83’、本田→二見90+5’


◆監督コメント(小林監督)
 前半の途中から良いリズムを作ったと思う。もう少し早めに先取点が取れれば良かった。前半は右サイドで(相手の)裏を取れなかったが、後半はそれが立ち上がりから上手くいった。反面、左サイドのビルドアップが上手くいかなくて窮屈な思いをしたのではないかと思う。
 なかなか(交代)カードをスムーズに代えるということが難しくて、堅いゲームになったと思う。少し危ない(場面)もあったが、しっかり守れて2点目も取れて、3試合失点ゼロということは良かった。
 先取点も取れているので、次のアウェイ群馬(戦)も先取点を取る(ことを目指したい)。だが、上手く(ボールを)回せないときに、一つのパスで上手くやるよりも、テンポ良くボールを回しながらチャンスを作っていくことが、もう少しあっても良いのではないかと思う。
 一つのパス、一つのポジションによって距離が遠かったりサポートが悪かったりすれば、少し(ポジションを)動かしながらボールを運んだり、(組み立てを)作り直したりということがあれば、良かったと思うので、そこはやっていきたい。
 前半30分くらいのときに攻守の切り替えが凄く早くて、あのようなときに相手を休ませずに、もっと攻撃をして点を取っていくことができると(良かった)。欲を言うが、そういうところをかかっていければ、後半はもう少し楽だったのではないかと思う。


<Q.先制の場面は中の人数も多く、攻守の切り替えの早さが出たと思うが?>


(ボールが)右サイドに出て、三浦からのクロスを白崎が折り返して大前が入れたという形だったと思う。何回かそのようなチャンスがあったと思うが、三浦に(相手)左サイドバックの川島(大地)が食い付くので、そことセンターバック福田(俊介)の間のところを、もう少し上手く使えればもっと石毛が生きたと(思う)。それが後半出てきたと思うが、そういうところを感じられればもう少し良かったと思う。
切り替えが早いときに(ボールを)もっと回して押し込んでしまい、バイタル(エリア)だったりでターンすると(相手の)アプローチもなくステイしているので、そこで精度を上げたり、1タッチだったり、壁パスだったり、3人目の動きをもう少しできれば、前半はもっと楽だったと思う。もう少しそのような攻撃の質が上がれば良いと思っている。


<Q.大前選手と鄭大世選手が3試合連続ゴールだが、2トップの活躍についてどう見ているか?>
苦しいときに2人が(点を)取ってくれているということと、前回もそうだが、鄭大世からのパスで大前が(点を)取ったりという繋がりができているので、それは良いと思う。
2人が凄く点を取っているが、ハードワークする松原がいたり、白崎がスルーパスを通したりという、もう一つまえの段階で頑張ってくれていて、それが彼らに繋がっていく。(また)トップの2枚が守備をキチッとしてくれるので、良い状態でボールをもらえたり点が入ったりというようになっていると思う。トップの良さとそこへの絡みが上手く出てきていると思う。(オフィシャルより引用)


◆監督コメント(柱谷監督ギラヴァンツ北九州)
 まずはアウェイの地まで来ていただいたサポーターの皆様に感謝したいと思います。現在の状況を考えると勝点1でも欲しい状況だったんですけれども、残念ながら取ることはできませんでした。
 ただ、選手たちは粘り強く90分間しっかり戦ってくれたのではないかと思います。また次のゲームが1週間後にくるので、ケガ人も何人かいてコンディション的には十分ではないですけれども、しっかり全員が戦える状態をつくって次の岐阜戦に向かっていきたいと思います。


Q:1失点目は警戒していたクロスからの失点でしたが、振り返っていかがでしょうか?
A:2トップの背後への動きとサイドからのクロスというのはスカウティングした中でゲームに入ったんですけれども、少しカウンター気味というか自分たちがセットしている状態ではなかったので、中がしっかり揃っていない状況の中でやられたんじゃないかと思います。


Q:前半少しバイタルで前を向かれるシーンが多かった印象ですが、後半へ向けてどう修正を指示されたのでしょうか?
A:背後はほとんど取られていなかったので、背後をケアすると当然足元には入ってくるので、それは中盤、特にボランチの2人には大前選手が中間ポジションをとってくるので、それはしっかり見ながらポジションを取れとは言いました。しっかり修正してくれてその後はほとんどやられていなかったので、いい守備をしてくれたのではないかと思います。(オフィシャルより引用)

◆takaの感想
ゲーム序盤は、それなりにプレスきましたが、
想像以上に北九州は前に来なかったですね。
ロドリコが孤立してしまっていた印象です。
先制してからも全然ボールを奪いに来ないので、
あれなら角田を中心に後ろで回して、時間を使いますよね。


本当は、前半のうちに2点取って、試合を決められる試合でしたが、
先制してから試合内容が少しダレて、見ていて少しイラついた。
あと1点取ってからだろ、と。
特に後半、相手コーナーのピンチの時に、
集中がキレて、マーク外されてショートコーナーやられたシーン。
失点には至らなかったけど、その辺は次の試合に修正してもらいたい。

今日の試合、石毛がヒーローになれる試合だったのに残念でした。
あそこをキッチリ決められれば、枝村帰って来ても争えるのに。
チーム内で、大いに競って下さい。


これで、単独3位になりました。勝ち点も1試合差の3です。
いよいよ、松本の背中に手が届くところまで来ました。
追われる松本は、さぞ嫌でしょうね。


勝ち点、並びさえすれば上にいけるので、
これからも、したたかに戦いましょう!
ここから3差を縮めるのって、意外と大変ですから。



にほんブログ村