世界に羽ばたけ‼︎Jリーグ&エスパルス

Jリーグと清水エスパルスを応援するブログです。

天皇杯3回戦レビューVS大分戦

公式戦5連勝、6戦負けなし。控え中心のチーム編成でしたが、
劇的勝利の水戸戦の良いイメージをそのまま継続しました。
次節松本戦と次次節セレッソ戦に弾みをつけました。


3回戦(山梨中銀スタジアム)
大分0-1清水
得点 犬飼(54分)


スタメン
GK 高木和 
DF キム 犬飼 三浦 二見
MF 本田 福村
SH 石毛(金子74) 澤田(浩太93)
FW 大前(北川60) 長谷川
サブ 碓井 川口 ヤコ 村田 金子 浩太 北川



<試合前コメント(小林監督)>
(大分が)リーグ戦と同じような戦い方だとすれば、サイドバックを積極的に上げてくるので、我々としてはその背後を狙って裏を取れればチャンスは作れると思う。
今はボールを持っている人と受ける人に加え、もう一人走る選手が出てきている。
そこを上手く使いながら点が取れれば、皆のイメージが共有できたことになるので、
そういうものを出していきたい。
(中略)
我々のチームは選手個々の差が離れていないので、誰が出ても自分たちの戦いができると思っている。明日もしっかり勝って、良い流れを継続させていきたい。


<takaの感想>
清水のスタメンも大分のスタメンも、ともにリーグ戦メンバーから11人変更、完全ターンオーバーでの戦いとなりました。
そうなると、選手層の厚さ、チームとしての戦術の浸透具合、または個々の能力の差が勝敗を決めるものですよね。
監督の試合前コメントにもあるように、選手個々の差は離れていないとの言葉通り、局面での1対1はほぼ清水に軍配が上がっていました。特にバイタルエリアの大前は無双状態でしたね。そして、澤田と二見の左サイドがかなり攻めこめていましたね。
ただ全体としては皆久しぶりのゲームだったこともあり、少し攻め急いだり、間延びした展開の中でイージーなミスが多かったと思いました。
でもこのチーム編成の中、みんなよくやったと思います。何人かはリーグ戦でも試してみたい選手もいましたし。
(GKの高木和、ボランチの本田、SHの澤田、北川、期待してますよ。)


あと何と言ってもリーグ戦に良い流れを継続してくれたことは何より収穫だったと思います。今日の試合は勝つことに意義があったんですから。


今度の天皇杯4回戦は11月9日です。
またリーグ戦の間(11/6アウェイ讃岐戦、11/12ホーム岡山戦)でタイトな日程になります。
でもいいじゃないですか、J2でまだ、天皇杯の事を話題にできるなんて。
サポーターも含め、選手一同、全員の力で準備していきましょう!!