世界に羽ばたけ‼︎Jリーグ&エスパルス

Jリーグと清水エスパルスを応援するブログです。

藤枝と共に県勢勝利を!第34節vsセレッソ戦

本日10/1、藤枝MYFCは敵地ヤンマーにてセレッソU23と対戦します。
明日10/2は、今度は清水が敵地ヤンマーに乗り込んでセレッソと対戦します。
カテゴリーは違いますが、敵地ヤンマーにて静岡県の底力を見せつけてやりましょう‼︎


予想スタメン(清水)
GK 植草
DF 川口 ビョン 角田 松原
MF 本田 竹内
SH 河井 白崎
FW 金子 テセ
サブ 高木和 三浦 二見   村田 大前 北川 長谷川


ケガ人(抜粋)
OUT 六平-9/25右大腿二頭筋肉離れ(全治8週間)
OUT 枝村-9/18右大腿二頭筋肉離れ(全治4週間)
IN    キム-左足首ケガ(9/29全体練習合流)
IN    川口-右腓腹筋肉離れ(全体練習合流済み)
IN    鎌田-左膝内側側副靭帯損傷(9/28全体練習合流)


今節の展望
1.スタメン構成どうするんでしょうか?
ここにきて右サイド、ケガ人続出ですね。やっと落ち着いてきたと思った矢先なのに。
小林監督の手腕が問われる展開になってきましたね。


2.セレッソって、結構苦手意識ありませんか?
セレッソは現在リーグ3位、勝ち点差6。
セレッソの直近戦績は4勝1敗で好調そうですが、
徳島戦見る限り苦戦している印象はありますね。
それでも4連勝と勝ちに結び付けているところは流石です。
過去の対戦成績は、
通算で35試合中、11勝7分け17敗。もう少しこまかく見ると、
ホームで18試合中、8勝4分け6敗。
アウェイ17試合中、3勝3分け11敗。
直近5試合では、1勝1分け3敗。
直近10試合では、1勝3分け6敗、なんと勝率1割!
この数字、見なかったことにします(汗)。   
(出典:footballgeistデータ抜粋、オフィシャルと違う様です。)


3.試合の主導権はどちらが握るのだろうか?
ともにポゼッションしてくる攻撃的なチーム同士の戦いです。
 相性とヤンマー(アウェイ)という点から、
ある程度セレッソにポゼッションされることを覚悟しなければいけません。
なのでこちらはしっかりブロックして、得意のショートカウンター狙い。
 この試合は、中盤の攻防が勝負を決すると見ています。
 先制点は必ずこちらが奪わないといけない試合です。


4.次期監督問題は影響するか?
来期の監督候補にユン・ジョン・ファン?
 以前にもオファーをしてるみたいですけど、結構なラブコールですね。
大熊監督の心境は如何に。
 まあ正式にオファーしても引き受ける可能性は極めて低い、だそうですけど。


takaの予想                      
〇まずケガ人問題。
清水の不安材料である右サイドは、間違いなく狙われると思います。
対峙するのはMF丸橋や、左に流れた時のFW杉本あたりでしょうか。
杉本は個人技もありますので、SB は本職でフィジカルの強い選手で迎え撃ちたいですね。
すると自分としては、右SBに「川口」を。少し実戦経験に不安がありますけど。
右SHは、左の白崎が封じられた時対策に「河井」をチョイスし、ボランチに本田希望。
小林監督はどう采配するのか、楽しみです。
(杉本は1トップ起用が示唆されてましたね。9/29yahoo newsより )
〇苦手意識
今の清水は若い選手多いですからねえ、選手にはそれほど苦手意識ないかも。
セレッソの強い時期を知っている僕としても、正直今のセレッソはそんなに怖いとは思いませんけどね。
〇試合運びはクレバーに。
攻める時と守る時のメリハリを。じっくり攻めたり、わざと持たせてショートカウンターしたり、チームとしての総合力が問われる試合になると思います。
ケガ人が出ても、それを補うチーム力が清水にはあるはず、いや絶対あります。
プレーオフを見据える上でも、清水が今最も叩かなければいけないチーム。
絶対勝ちましょう!まずは先制点です。
〇監督問題(試合には影響ないでしょう、たぶん)


松本戦は敗れてしまったけど、まだ終わったわけではありません。
サポーターもまだまだこれからです。
ネガティブ要素満載の時って、意外と勝ってしまうのが我がエスパルス。
よくわからないチームなんです。今回はそれを期待しましょう!!