世界に羽ばたけ‼︎Jリーグ&エスパルス

Jリーグと清水エスパルスを応援するブログです。

祝J1復帰!レビューvs徳島戦(J2第42節)

◆試合結果
徳島1-2清水(ポカスタ)
得点【清】犬飼29’、金子73’、【徳】藤原80’


スタメン(清水)
GK 植草
DF 三浦 犬飼 角田 松原
MF 枝村 河井 竹内 白崎 
FW 大前 テセ
サブ 高木和 鎌田 二見 本田 村田 金子 北川
交代 大前→金子68’、河井→本田85 ’、三浦→鎌田88 ’


◆監督コメント(小林監督)
 前半はビルドアップが上手くいかなくて、(ボールを)持ち出しても、中盤のところで個人の判断が悪かったり、芝が少し深くて(ボールが)足元に入って取られたりということで、なかなかリズムが取れない中で点が取れた。ただ、失点をした後にバタついた前半だった。
 後半は風上なので、(ボールを)転がしていけば、たぶんチャンスは作れるだろう(と思った)。前半も決定的なチャンスを2回作っていたので、しっかり相手を見てパスを回そうというところ、どちらの(サイドの)方から持ち出した方が良いのか、(相手の)1トップ2シャドーがどうなびいているかと見ながら持ち出せということで、後半は少し上手くいったのではないかと思う。
 ただ、(ボールが)サイドに出たときの個人の判断は良くなくてギクシャクした。鄭大世と大前は良い守備をした思う。大前を代えて金子が良い仕事をしてくれた。  
 最後の10分については、落ちついてサイドを取りに行くところが、チームが若いのでどうしてもバタついてしまうところは、今日の前半からあった。若い選手が出ている中で良い経験になったのではないかと思う。こういう経験をチームもそうだが個人がやりながらJ1で頑張っていければ良いと思っている。
 今日の想いというのはいつまでも忘れずに、J1で落ちることのないようにしっかり準備をしていければ良いと思う。
 サポーターには感謝している。こんなに多くのサポーターがアウェイに来てもらって、追いつかれたときには、普通だったら難しいと思う。やはり声援が選手を押してくれたと思う。私の声は聞こえないが、サポーターの声はしっかり聞こえるので、今日は本当に感謝している。ありがとうございました。


<Q.改めてサポーターに報告を>
 1年間ありがとうございました。こういう仕事に呼んでもらって感謝している。また、6月の苦しいときにブレずにスタッフ、選手を応援してくれて感謝している。おかげでこのように徐々に力をつけて伸びていくことができた。 
 前半はサポーターの応援を少し力にできないような感じで、勝ちきれていないので、それが重く圧し掛かったと思うが、後半はそれが力になって、そのものに応えよう、感謝しようというのがあったと思う。
 今日は選手には1年間通してしっかり応援してもらったことに対して感謝しながらプレーしようという話をした。


<Q.試合終盤、他会場の途中経過は伝えていたのか、そして試合の締め方はどのように考えていたのか?>
(途中経過の連絡は)前半が終わったところでいいと。当面、札幌は関係ないので、松本との戦いで、松本が負けているところで我々が1-1だと。帰ってきたときに松本がPKで追いついた。
勝った方がやっぱり(昇格する)ということで、冷静に後半は入らなくていけないなと。途中で松本がリードしているという連絡が入ったので、今日はボランチを切って、攻撃的にいくということを考えてやった
 ボールが動いているので、焦らずにと思った矢先に2-2になったということを聞いて、また落ち着いて、自分のチームの状況を見ながら(考えた)。ボランチがちょっと重たくなっているので、ボランチの展開でということも考えたが、前半から走っている大前を代えた方がいい、まずはそこからと判断した。
 (交代で入った)金子が良い仕事をしてくれてリードしたが、最後、また松本がリードしているということになった。
最後の10分が、この何試合か際のところで厳しいゲームをしているので、もの凄く怖くて、どこを代えようかというところで、まず徳島が先手を取って木村(祐志)を出してきたので、村田で攻撃と思ったが、その間に三浦の足がつったので、鎌田を(入れた)。
 (こちらと松本の)どちらも勝っているので、最後の5分くらいをどう終わらせるかということだが、なかなかボールが収まらなく、サイドにボールを持っていけなかった。木村のドリブルしてシュートがやはり怖くて、最後のクロスが切れたところで助かったかなという気がした。


<Q.この1年間を振り返ってチームの成長はどんなところに感じるか?>  
 個人が組織になってボールを運べるように少しずつなってきた。
後ろから丁寧にボールを運べるようになったのが一つと、良い状態でボールを持つと足元と裏を狙える選手が出てきたので、そこはグループになって点が取れるようになった思う。それと守備については、夏過ぎから切り替えが早くなった。選手が代わっても、その選手の特徴は出るが、やるべきことはやるという形には少しずつなったのではないかと思う。
(オフィシャルより引用)


監督コメント(長島監督徳島ヴォルティス)
 まずは清水エスパルスさん、小林 伸二監督に「昇格おめでとうございます」というふうに伝えたいと思います。選手は最後の1ゲームに全力を出して戦ってくれたのですが、清水さんの方が1枚上で、僕らの力が足りなかったと痛感したゲームでした。とはいえ、このような順位にもかかわらずホーム最終戦に多くのサポーターさんが駆け付けてくれて、昇格の可能性が途絶えた中でも諦めずに最後まで全力で戦ってくれた選手たちにも感謝したいと思います。(Jリーグ.comより引用)


◆takaの感想
今節は最終節。泣いても笑っても最後の試合。(PO考えずに。)
ポカスタの入場者数は9,767人。およそ半分に迫る入場者数でホームのような演出。
改めてサポーターの力ってすごいな、と感心しました。
自分が参加した、東静岡のPVも約4,000人との主催者からの発表。
スクリーンの大きさと音響、それに設置高さに不満があり、
いまひとつ盛り上がれなかったが、小さい音声に皆固唾をのんで戦況を見守るのは、
本当に独特の雰囲気があった。
J1復帰が決まった瞬間の大歓声に、喜びとともに何かこみ上げるものがあった。
映像のテセや角田やウエクといった、ベテランが男泣きしてるんだもん。
もらい泣きしちゃいますよ。
同じような人、周りに結構いたんじゃないかな。鼻すすっている音、周りでしてたので。


何かどっと疲れがでちゃった感じです。
3位チームがなかなか勝ち上がれない理由の一端がわかった気がする。


これで来季からはJ1です。
来季からも厳しいリーグ戦が待ってます。
課題及び補強ポイントはわかっています。
これからのストーブリーグを注視していきたいです。


でもとりあえず、サポーターのみなさん、おめでとうございます!
そして、選手及びスタッフのみなさん、本当にご苦労様でした。



にほんブログ村


にほんブログ村