世界に羽ばたけ‼︎Jリーグ&エスパルス

Jリーグと清水エスパルスを応援するブログです。

2017Jリーグキックオフカンファレンスを開催


2017Jリーグキックオフカンファレンスを開催…Jリーグ54クラブの選手、監督が一堂に集結


2017Jリーグキックオフカンファレンスを開催…Jリーグ54クラブの選手、監督が一堂に集結

 2017Jリーグキックオフカンファレンスが13日に都内で行われ、J1・J2・J3全54クラブの監督、選手代表が一堂に集った。

  第1部に登壇した村井満Jリーグチェアマンは「Jリーグは今年、25年という非常に大きな節目を迎えます」と冒頭に述べ、世界の舞台でJリーグのクラブが活躍するため「競争」というフレーズを何度も用いて、今シーズンの抱負を述べた。放映権がDAZNに切り替わったことに関しては「競争フェーズ演出する大きな役目」と期待を寄せ、「J1、J2、J3の全試合が、いつでもどこでも何度でも視聴可能になる」とJリーグのファン・サポーターへ呼び掛けた。「サッカーを愛する人々の期待に応えるため、Jリーグのクラブ、選手、監督が一丸となって進んでいきます。皆さん、ぜひご期待下さい」と挨拶を締めくくっている。

  2月25日(土)に開幕するJ1リーグから各クラブの代表選手1名が登壇し、開幕戦に向けた意気込みを語った。

  開幕戦でJ1王者・鹿島アントラーズと対戦する、FC東京のFW大久保嘉人は「難しい試合になるとは思いますけど、この一試合でスタートダッシュを切れるか、切れないかで大きく違う」と語り、「失うものは何もない。いい準備をして、ぶつかっていきたい」と意気込んだ。対する鹿島のFW鈴木優磨は「今年は追われる立場なので、こちらも全力で思いっきりぶつかっていきたい」と火花を散らせた。

  昨シーズン、年間勝ち点1位の浦和レッズのMF宇賀神友弥は「リーグ優勝は目標ではなくノルマだと思っている。国内3冠とACLと全てを獲らないといけない」と全タイトル奪取を宣言。その浦和をホームに迎える横浜F・マリノスのMF扇原貴宏は「浦和レッズは昨季の年間勝ち点1位で強豪クラブなのは間違いない。開幕戦で勝てれば勢いに乗れる」と語った。

  その後、ACLに出場する鹿島の鈴木、浦和の宇賀神、川崎フロンターレのMF中村憲剛、プレーオフを制したガンバ大阪からはMF藤本淳吾が登壇。中村は「日本の意地を僕ら4クラブが見せないといけない。優勝を目指して頑張りたいと思います」と、Jリーグクラブのアジア王者奪還に向けて意気込みを語った。

(SOCCER KING 2/13より借用)




◇takaの感想
記事中に清水のことは一切なし。
まあ、昇格組なので仕方ありません。
これから実力で記事にしてもらうように頑張らなきゃ、ですね。


出だし5試合が、とても重要です。
小林監督が目標としている年間勝点50に到達するには、
単純計算で7点以上必要になります。
2勝1分けは、最低必要になります。
そう考えると、開幕ホームは絶対勝たないと、ですね。
燃えてきました。笑


さて、開幕カードはホームアイスタで神戸との対戦です。
両者の過去3年の開幕戦の成績を調べてみました。
○清水
2014 名古屋 A 〇3-2
2015 鹿島  H 〇3-1
2016 愛媛  H △0-0(J2) 
○神戸
2014 川崎  A △2-2
2015 柏   H ●0-1
2016 甲府  H ●0-2
意外と神戸は開幕勝ってないようですね。

ついでに今オフでの練習試合の結果です。
○清水
練習試合1/27〇3-1 Honda FC
練習試合2/01 ●2-3 京都
練習試合2/04〇3-1 柏
練習試合2/09〇2-0 松本
○神戸
練習試合2/10〇1-0 徳島
全く神戸の状態がわからないので不気味です。
神戸の誇る攻撃陣をどこまで抑えられるか?


ただ清水も練習試合ではありますが、
柏の強力ブラジルトリオを抑えているんで、
自信を持ってもいいと思ってます。


いい試合になることを期待しています。
開幕が待ち遠しいです。


※白崎、幼さが抜ければ本当に男前だと思います。


清水エスパルスホームゲーム一般販売開始のご案内(第1節vs 神戸)

清水エスパルス ホームゲームチケット 一般販売開始のご案内 [第1節 2/25(土)vs神戸]


エスパルスは2月12日(日)より、Jリーグホームゲームチケットの一般販売を開始いたします。

なお、エスパルス後援会先行販売の販売状況により、SS指定席、S指定席はかなり数が少なくなっております。

Aゾーン席もお早めにお買い求めください。

また、エスパルス後援会員の方は現在チケット先行販売期間中で、2月19日(日)まで割引価格でご購入いただけます。

開幕戦は“エスパルス後援会応援デー”で割引率がアップ! 20%OFFとなります!


第1節 vs ヴィッセル神戸

2月25日(土) 14:00 キックオフ @IAIスタジアム日本平


■発売開始

2017年2月12日(日)


■チケット状況

SS指定席 【残りわずか】

S指定席  【残りわずか】

Aゾーン席 【お早めに】

1F自由席 【好評販売中】

2F自由席 【好評販売中】

(2/11オフィシャルより引用)

◇takaの感想
チケットの売れ行きは良いようですね。
自分はシーチケなんで、郵送されるのを待ってますが。


開幕で2万人入ったら最高ですね。
しかも勝てたら上々のスタートです。
帰りのバスは最悪だと思いますが。


なんだかんだ言っても、あと2週間。
選手は体調管理だけは気をつけて。
自分も風邪引かないようにしとかないと。


最後に、フレイレの公式も早くお願いします。



中堅の奮起に期待 監督、主将決めかねる

静岡新聞朝刊より引用

中堅の奮起に期待

監督、主将決めかねる

清水は鹿児島市での2次キャンプを打ち上げた。雪が降った最終日は、グラウンドに出ず宿舎の敷地内でジョギングやストレッチを行い、1本締めで終えた。

12日間のキャンプ中の実戦3試合は2勝1敗。主力組が出場した時間帯は負けなしで1失点と組織的守備に手応えをつかんだ。小林監督は「昨年と比べれば、不安材料は少ない。チームのスタイルがはっきりした」と話した。

だが、選手個々に目を向ければ、小林監督はチーム全体の底上げに物足りなさを感じている。移籍した前主将大前(J1 大宮)の後任もまだ決めかねている。指揮官は「(ベテランの)鄭大世や角田らが引っ張ってくれるが、ついていくだけでは進歩はない」と中堅選手にチームの先頭に立って引っ張る自覚を求めた。

鄭大世は「J1 の上位6、7チームは実力があるが、それ以下は変わらない。そうなると重要なのは精神面」と話す。J1昇格という明確な目的があった昨季終盤は9連勝した。どんな状況でもチーム一丸の雰囲気をつくることが、J1 を勝ち抜く鍵となりそうだ。

◇takaの感想
鹿児島キャンプが終了しました。
文面にもあるように、今回は想定以上のケガ人を出してしまいましたね。
それも、デューク、長谷川といった、
大前の穴を埋めるピースとして期待していた選手達です。


キャンプで全く試せなかったので、多分小林監督は夏まで使わないでしょう。
過度の期待は酷ですが、
北川、金子、野津田には頑張ってもらいたいです。


とりあえずは2日間リフレッシュして、
体調管理に気をつけて開幕を迎えて欲しいです。


選手の皆さん、ご苦労様でした。