世界に羽ばたけ‼︎Jリーグ&エスパルス

Jリーグと清水エスパルスを応援するブログです。

入替え戦の復活と昇格プレーオフの存続についての考察

Jリーグ入れ替え戦9年ぶり復活へ 来季導入を検討


   来季からJ1、J2入れ替え戦が9年ぶりに復活する案が浮上していることが9月30日、分かった。

   リーグ関係者によると、J1の16位とJ2の3位がリーグ戦後にホームアンドアウェー方式で入れ替え戦を行う変更案を、すでにJリーグが検討。J1の16位~18位とJ2の1位~3位の3クラブが自動入れ替えする現行制度から変更するのか、近日中に実行委員会で議題に挙げられ、話し合われる。(出典:日刊スポーツ電子版)


○我がエスパルスは今年J2に降格し、否が応でもこの問題について考えなければならないチームとなってしまった。でも中立な立場でこの問題について考えていきたい。


◆J1J2入れ替え戦復活の背景
J1リーグは来季より今までの2シーズン制を廃止し、1シーズン制の復活を決めた。
背景には、競技的な側面より経営的な側面を優先した現行制度、チャンピオンシップ制の見直しができる事態になったことがあげられる。
DAZN (英パフォーム社)との大型の放映権契約の締結(10年2100億円)である。


これにより協会の軸足は、競技的な側面であるJ1リーグの強化が最優先項目になった。
アジア諸国との競争力格差是正(ACL制覇)は至上命題であるからだ。
では日本のトップリーグ(J1 )のレベルを上げていくにはどうしたらよいか?
そこで問題になっているのが、J1J2入れ替え戦でありJ1昇格プレーオフである。


◆J1昇格プレーオフ導入の背景
J1昇格プレーオフ制度の導入は、なによりJ2の活性化のためである。
年間順位が6位以内になればJ1 昇格のチャンスが得られるため、リーグ戦終盤まで消化試合となる試合が減少することになる。(J2は年間42試合の1シーズン制)
それともう1つ、インフラ整備が不完全なチームが多いJ2 にとって、J1昇格という言葉は、自治体等を動かす大きな起爆剤の効果がある。
2014年北九州はリーグ5位となったが、ライセンス問題でJ1昇格プレーオフへの出場ができなかった。しかしその後、自治体と協力して専用スタジアムを建設したのはよい例であろう。

しかし、もともとこの制度には大きな欠陥がある。
それは競技的な側面での公平性である。本来ならば、長丁場のリーグ戦の成績で年間順位を決めるべきもので、4位~6位のチームが、3位を押しのけて昇格できてしまう事はやはり問題であると思う。


つまり、このJ1昇格プレーオフは競技的な側面の公平性と経営的な側面とのバランスの上で存在しているものであることを理解しておかないといけないと思う。


◆Jリーグの進むべき方向性
Jリーグの普及と裾野の拡大を担っているJ2リーグと、日本の顔として世界との競争に立ち向かうJ1リーグとは、自ずと目指す方向性が異なっている。
この両リーグをつなぐものとして、J1J2入れ替え戦であり、J1昇格プレーオフがある。
そのため、幸か不幸か色々な政策的な面で、変更を余儀なくされることが出てくる。


今のJ1昇格プレーオフの状況として言えることは、経営的な側面からは間違いなく成功を収めていること、そして競技的な側面からは、プレーオフ上がりは、2009年以来J1残留を果たしていないことである。

だから、J1昇格プレーオフは廃止してJ1J2入れ替え戦に変更すべきか?
自分的には、ここにJ1のレベル維持の話しを持ち込む必要性はないように思える。
そもそも、J1昇格プレーオフはJ1強化のための制度ではないからだ。

それに、競技レベルの維持、向上は、外国人枠の拡大、放映権料の配分の見直し等の
他の代わりになる政策によって、十分対応可能ではないだろうか?


実際にJ1昇格プレーオフは、一発勝負のトーナメントなので見ていて非常に面白い。
コンテンツとしての魅力はJ1J2入れ替え戦の比ではないでしょう。
(当事者である我がエスパルスとしては、たまったものではない制度ですが。)
そして、J2クラブが経営面で力をつけるチャンスを広げてあげたほうが、
長期的に見て日本のサッカー界をレベルアップさせるものと考えます。

だから自分は、J1J2入れ替え戦の導入、J1昇格プレーオフの廃止は反対です。
 
でも今のJ1昇格プレーオフは、競技的な不公平感をもう少し改善する必要があるとも思っています。せめて、リーグ戦3位チームをシードにして、4位と5位の勝者とJ1昇格を争わせる
といった、3位によりアドバンテージを与える制度にすべきです。


日本のサッカー界(Jリーグ)において、何が一番良いかを改めてよく考えたいですね。












次に繋がるぞ!! J2 第34節vsセレッソ戦レビュー

サポーターとして諦めの気持ちになった自分を猛省いたします。
選手の最後まで諦めない頑張り、酷暑のなか現地で応援するサポーターの声援に感激しました。まだまだこれからですね!!


◆データ
セレッソ1-2清水
得点 酒本(71分)
北川(89分)
白崎(90+4分)


◆スタメン(清水)
GK 植草
DF 三浦 犬飼 角田 松原
MF 河井 竹内
SH 石毛 白崎
FW 大前 テセ
サブ 力 ビョン 川口 本田 村田 金子 北川
交代 村田(66分石毛)、金子(80分大前)、河井(86分北川)


◆監督コメント(エスパルス小林監督)
前半は良かったが、後半は少し押し込まれて、リスタートのカウンターで失点をしてしまったときに、また今日も上位に点が取れないのかなと。前半から上手く(相手の)バイタル(エリア)のところに入って(ボールを)受けるのと、(相手DFの裏への)飛び出しができれば、チャンスが作れるのだが、なかなか飛び出せなくて、カードを代えた(選手)がよく勢いを変えてくれたと思う。
C大阪が点を取って構えてくれたので、その分我々は行くしかないということで、システム(変更)も功を奏して上手く逆転できたと思う。
なかなか上位に勝てないところで、今回は2点を取れたので、(これを)大事に残り8試合を進んでいければ良いと思う。


<Q.後半、中盤のシステム変更の狙いは?>
アンカーを1枚に(変更)するのを、今日は河井ではなくて竹内にやらせた。結構あのシステムをやっていて、それで千葉にも逆転して勝てたりした。押し込むという意味では上手く機能したと思う。


<Q.松本、C大阪と大事な試合が続いたが、この2連戦をどう振り返るか?>
(今日は)少しまずいのかなと言いながら、上手く勝てて良かったと思う。今日もそうだが、重いゲームの中で失点をされた。松本(戦)も流れを引き寄せられるときに失点をして、点も取れなかったので、今日は(点が)取れたということが前進。上位のチームに点が取れて勝てたということは、残り8試合に繋がっていくと思う。


<Q.前半、C大阪がミスをしている中で点が取れなかった原因は?>
立ち上がりからセットされた状態を破れなかったということでいくと、松本(戦)は中央に寄り過ぎたということと、今回は左のビルドアップが上手くいっているのに、立ち位置が悪かった。松原が上がったとき、白崎が詰まっているのに縦(パス)を入れてみたりとか。
我慢して、(相手ゴールエリアの)脇を使ったり、ボランチからもう一回ボランチに角度変えた(パス)を入れたりというのがあれば、序盤で持ち出せて、もう1、2回バイタルが破れたと思う。中央のラインとトップのラインのスピードが少し違っていて合わなかったのは事実だと思うので、ハーフタイムに話はしたが、(相手の)バイタルが空いているので、(そこを)攻略するということができればもう少し楽だったと思う。
(出典:清水エスパルスHP より)


◆監督コメント(セレッソ大熊監督)
「イレギュラーのできごとがあるなかで、自分たちの方向性ややることはできていたと思うのですが、最後のアディショナルタイムを含めた10分間、前線の足が止まったところで(やられてしまった)。(松田)陸が足のほう(にアクシデントがあった)という情報が入っていたので、最後の交代カードを使ったこともあり、前線の足が止まったところで後ろに重心がかかってしまった。そういったところが少し残念に思います。ただ、粘り強く守りながら、1点、もう1点という姿勢は表現してくれていたと思うので、いいところを踏襲しながら、最後の粘りのところを11人だけではなくしっかりチームとしてやっていき、これからの8試合を、1試合1試合しっかりやっていきたい。ホームでこれだけ多くのサポーターの方々と一緒に戦ってもらったのですが、勝利を届けられなくて非常に残念です。残りの試合に向けて、切り替えて、しっかりやっていきたいと思います」


Q:キム ジンヒョン選手の状態について。
「ハーフタイムの最後まで、本人とドクターとを含めてどうするかという話し合いをしたのですが、少し平衡感覚も含めて(違和感があった)と、打撲したところの痛みなど、総合的に『これは無理だろう』という判断になりました。今は記憶とかもありますし、足の打撲も大きなケガにはならないと思うのですが、これから脳しんとうの検査をしなければいけない。韓国代表については、これから検査をしたうえで、脳しんとうのときには対応が決まっているので、そこも含めてドクターと検証しながら判断することになります」


Q:J1昇格を争うなかで大事な一戦だったと思うが、今日の最後の10分でひっくり返されたことについて、どのように考えるか?
「1点を取られたこともそうだが、そこでのメンタルについて、ピッチのなかでリーダーシップを発揮するなり、疲れたなかでも統一感を出せるような、そういうリーダーというか…(が必要)。行くのか、引いたなかでもう少しプレスをかけさせるのか。そういったことを、たとえばGKがDFに、DFがボランチにというような、後ろの声のオーガナイズをできたと思うのですが、少しメンタルが体力も含めて落ちたとき、そこでの声なり強さというのが、メンバー交代がなくても守りきれるようにならないといけないのかなと思いました。
(Q:勝てる試合を落としてしまったという感じか?)
そうですね。(90分まで)あと1分か2分かというところで、アディショナルタイムを含めるとまだあったとは思いますが、守ることもやり方によってはできたし、その統一感が少し足りなかったということ。また、前線(に選手)をもう1枚入れたかったのですが、前線の守備がないことで後手後手を踏むことが、スペースを生んだり最後の後手を踏んだと思うので。いろいろなイレギュラーが起こるなかでも、そのイレギュラーを修正していく統一感というのを、ピッチのなかのリーダーがきちっとオーガナイズするということが、今後も必要になると思います」 (出典:セレッソ大阪HP より)


◆takaの感想
小林監督の試合後インタビューって、すごく安心感を感じるのは自分だけでしょうか?
だからか、選手(北川、白崎)のインタビューも落ち着き感を醸し出してるような。
これからの数試合は、監督含め、チームとしてひとつになったところがJ1 に行くんでしょうね。この2試合で強く感じました。 
小林監督を招聘したアドバンテージがこれから清水にジワジワくる様な感じがして、
もう来週のホーム(町田戦)が待ちきれません。


日本平スタジアム(通称アイスタ)に来たことない方も、是非一度お越しください。
その雰囲気に、一瞬でサポーターになってしまうこと間違いなしです。


一緒に応援しましょう!頑張れ、清水エスパルス。



*ブログ名を「世界にはばたけ!Jリーグ&エスパライフ」に変更しました。
改めて、よろしくお願いします。

藤枝と共に県勢勝利を!第34節vsセレッソ戦

本日10/1、藤枝MYFCは敵地ヤンマーにてセレッソU23と対戦します。
明日10/2は、今度は清水が敵地ヤンマーに乗り込んでセレッソと対戦します。
カテゴリーは違いますが、敵地ヤンマーにて静岡県の底力を見せつけてやりましょう‼︎


予想スタメン(清水)
GK 植草
DF 川口 ビョン 角田 松原
MF 本田 竹内
SH 河井 白崎
FW 金子 テセ
サブ 高木和 三浦 二見   村田 大前 北川 長谷川


ケガ人(抜粋)
OUT 六平-9/25右大腿二頭筋肉離れ(全治8週間)
OUT 枝村-9/18右大腿二頭筋肉離れ(全治4週間)
IN    キム-左足首ケガ(9/29全体練習合流)
IN    川口-右腓腹筋肉離れ(全体練習合流済み)
IN    鎌田-左膝内側側副靭帯損傷(9/28全体練習合流)


今節の展望
1.スタメン構成どうするんでしょうか?
ここにきて右サイド、ケガ人続出ですね。やっと落ち着いてきたと思った矢先なのに。
小林監督の手腕が問われる展開になってきましたね。


2.セレッソって、結構苦手意識ありませんか?
セレッソは現在リーグ3位、勝ち点差6。
セレッソの直近戦績は4勝1敗で好調そうですが、
徳島戦見る限り苦戦している印象はありますね。
それでも4連勝と勝ちに結び付けているところは流石です。
過去の対戦成績は、
通算で35試合中、11勝7分け17敗。もう少しこまかく見ると、
ホームで18試合中、8勝4分け6敗。
アウェイ17試合中、3勝3分け11敗。
直近5試合では、1勝1分け3敗。
直近10試合では、1勝3分け6敗、なんと勝率1割!
この数字、見なかったことにします(汗)。   
(出典:footballgeistデータ抜粋、オフィシャルと違う様です。)


3.試合の主導権はどちらが握るのだろうか?
ともにポゼッションしてくる攻撃的なチーム同士の戦いです。
 相性とヤンマー(アウェイ)という点から、
ある程度セレッソにポゼッションされることを覚悟しなければいけません。
なのでこちらはしっかりブロックして、得意のショートカウンター狙い。
 この試合は、中盤の攻防が勝負を決すると見ています。
 先制点は必ずこちらが奪わないといけない試合です。


4.次期監督問題は影響するか?
来期の監督候補にユン・ジョン・ファン?
 以前にもオファーをしてるみたいですけど、結構なラブコールですね。
大熊監督の心境は如何に。
 まあ正式にオファーしても引き受ける可能性は極めて低い、だそうですけど。


takaの予想                      
〇まずケガ人問題。
清水の不安材料である右サイドは、間違いなく狙われると思います。
対峙するのはMF丸橋や、左に流れた時のFW杉本あたりでしょうか。
杉本は個人技もありますので、SB は本職でフィジカルの強い選手で迎え撃ちたいですね。
すると自分としては、右SBに「川口」を。少し実戦経験に不安がありますけど。
右SHは、左の白崎が封じられた時対策に「河井」をチョイスし、ボランチに本田希望。
小林監督はどう采配するのか、楽しみです。
(杉本は1トップ起用が示唆されてましたね。9/29yahoo newsより )
〇苦手意識
今の清水は若い選手多いですからねえ、選手にはそれほど苦手意識ないかも。
セレッソの強い時期を知っている僕としても、正直今のセレッソはそんなに怖いとは思いませんけどね。
〇試合運びはクレバーに。
攻める時と守る時のメリハリを。じっくり攻めたり、わざと持たせてショートカウンターしたり、チームとしての総合力が問われる試合になると思います。
ケガ人が出ても、それを補うチーム力が清水にはあるはず、いや絶対あります。
プレーオフを見据える上でも、清水が今最も叩かなければいけないチーム。
絶対勝ちましょう!まずは先制点です。
〇監督問題(試合には影響ないでしょう、たぶん)


松本戦は敗れてしまったけど、まだ終わったわけではありません。
サポーターもまだまだこれからです。
ネガティブ要素満載の時って、意外と勝ってしまうのが我がエスパルス。
よくわからないチームなんです。今回はそれを期待しましょう!!