世界に羽ばたけ‼︎Jリーグ&エスパルス

Jリーグと清水エスパルスを応援するブログです。

ダ・ゾーン特需による強化配分金の全容が明らかに

J1優勝で3年15.5億円を支給! ダ・ゾーン特需による強化配分金の全容が明らかに


リーグ賞金と合わせて優勝チームには翌年13億円が入ることに。

 Jリーグは2月9日、「強化配分金」を新設し、今季の優勝チームには翌年からの3年間で計15.5億円を支給することを発表した。

 英・動画配信大手のパフォーム・グループと10年間で約2100億円の契約を結んだJリーグ。その資金を元手に、「強化配分金」の設置を検討していたが、その導入決定と具体的な配分方法が明らかにされた。

 「強化配分金」はリーグ戦の1位~4位までのチームに支給され、その年の優勝チームには、翌年に10億円、2年目は4億円、3年目は1億5千万円と分割して支払われる。2位チームは、翌年に4億円、2年目は2億円、3年目は1億円、以下、3位チーム(翌年が2億円、1億5千万円/3年目はなし)、4位(1億8千万円/2、3年目はなし)となっている。

 また併せて、17年シーズン以降のリーグ戦賞金の改定も発表。年間1位=3億円(16シーズン:1億円/CS勝者|8000万円/年間勝点1位)、2位=1億2千万円(16シーズン:2000万円/CS敗者|3000万円/年間勝点2位)、3位=6000万円(16シーズン:2000万円/年間勝点3位)と、昨年から微増した。

 なおJリーグによると、「強化配分金」の配分条件として、1:Jリーグの理念・活動方針に沿った目的に拠出しているか、2:クラブライセンスにおいて当該年度のJ1ライセンスを保有しており、かつ当年度のリーグ戦に参戦していること、3:当年度の配分金予算執行に関して理事会において決議されており、かつJリーグ内で支払い決議が下りていること、が前提だとしている。

(SOCCER DIGEST Web 2/9(木) より引用)

◇takaの感想
強化配分金についてまとめてみました。

■配分金額
(J1)      1年目    2年目    3年目      合計 
優勝チーム  10.0億円  4.0億円  1.5億円  15.5億円
2位チーム   4.0億円  2.0億円  1.0億円   7.0億円
3位チーム   2.0億円  1.5億円     0円   3.5億円
4位チーム   1.8億円     0円     0円   1.8億円
■均等分配金(成績に関わらず分配)
J1 3.5億円
J2 1.5億円
J3 0.3億円
■リーグ戦賞金の改定(J1)
1位 3.0億円
2位 1.2億円
3位 0.6億円
■ACLサポート※
0.2億円
※リーグ上位4クラブと天皇杯優勝チームが重複しなかった場合、
天皇杯優勝チームのみ0.8億円支給。
■降格救済金
均等配分金の80%相当額。
(例J1→J2の場合、2.8億円。J2均等分配金1.5億円+降格救済金1.3億円。)


改めてすごい額だな。
優勝すると、総額22億円(15.5億+3.5億+3億円)かあ。
今年の各チームが目の色変えて強化しまくったのが良く分かる・・
でもこれを当て込んで投資するのは、少し危険なような。

Jリーグが財務基準の緩和を検討 3期赤字で不交付撤廃も


 JリーグがJ1やJ2の参加要件となるクラブライセンス制度について、3期連続赤字で不交付となる項目の撤廃など財務基準の緩和を検討していることが31日、分かった。J1上位に総額約28億円を与える理念強化配分金の新設に伴い、クラブの投資意欲を活発にする策に乗り出す。

 リーグは英動画配信大手、パフォーム・グループと10年約2100億円の大型契約を締結。資金を還元するクラブにも国際競争力やブランドを高めるため、投資型経営への転換を求めている。赤字の制限を緩めれば大物選手の獲得などの積極策を促せるとみており、分科会を設けてまとめる。

 クラブライセンス制度は各クラブの経営健全化を目的に2013年から導入された。債務超過か3期連続の赤字でリーグ参加資格を失う。堅実な経営への意識を高めた一方、縮小均衡により日本勢が2009年以降、アジア・チャンピオンズリーグ優勝を逃す要因になったとの批判もあった。

 村井満チェアマンは「Jリーグの経営者が変われるかどうかが問われている。ライセンス制度が投資型の経営者を生み出さないものとなっているなら、もう一度議論したい」と話している。

(2016.12.31 SANSPO.COMより引用)


Jリーグは積極投資するように、規約改正してでもやってく気なんですよね。
一度経営破綻した内としては、少し臆病になってしまうところがあります。


恩恵を受けられるのはほんの一部の上位チーム。
まだ自分たちには、縁のない世界です。


でも良く考えてみたら、
5位までのチームとなら条件は同じなんですよね。
そこまでなら、普通に狙えるはずです。
とりあえずは、そこのところを目標にしましょうか。



攻撃に新オプション J1清水・鹿児島キャンプ

攻撃に新オプション J1清水・鹿児島キャンプ


 清水の攻撃に新たなオプションが完成した。右サイドバックの新人飯田が、実戦練習で右サイドハーフの村田との連係から突破。ピンポイントのクロスを鄭大世の頭に合わせた。

  スピードを武器とする両選手は、ともに野洲高(滋賀)出身。「学んできたことが同じなので感覚も似ていて(連係の)イメージが湧きやすい。お客さんが喜ぶプレーを見せたい」と村田。得点が欲しい場面で同時投入すれば、相手に脅威を与える切り札になりそうだ。

  小林監督も新コンビ誕生の期待を込め、キャンプの宿舎は村田と飯田を同部屋にした。「(先輩の村田から)身だしなみやサポーターへの丁寧な対応など、ピッチ外の話も教わっている」と話す飯田。個人的に足つぼマットを鹿児島に持ち込んだ村田の体調管理に対するプロ意識の高さも参考にしている。

  「飯田が入ると村田の良さが生きる」と小林監督。守備面の課題を克服すれば、先発昇格の可能性も広がってくる。

 ■残り期間はペースダウン

 1月の沖縄1次キャンプからハードに追い込んできたこともあり、軽い痛みや疲労が見られる選手が多くなってきた。小林監督は別メニュー調整の選手がこれ以上増えないように、鹿児島キャンプの残り期間はペースダウンする方針を固めた。2部練習予定だった7日は午後練習を急きょ中止にした。

  「天気がよかったので午後もやりたかったが仕方ない。練習試合もあるので調整していく」と総仕上げとなる9日の松本戦まで練習の強度を落としていく。(2017/2/8 静岡新聞より引用)

takaの感想
特集記事、磐田の方がデカイなあ。
2/8静岡新聞朝刊の一面にも俊輔いるし。
まあ清水としては、
結果で記事にしてもらうしかないですかね。


さて村田と飯田、面白いコンビになっているようですね。
同じ野州高校出身。(ちょっと不祥事ありましたけど。)
共に縦のスピードが売りの選手。


左サイドは、SB松原、ボランチ竹内、SH白崎のユニットが、
ほぼ開幕スタメンを確実なものにしてます。


しかし右サイドは全く決まってない状態ではないでしょうか。
昨年からこちらサイドはケガ人が多く、
確固たる積み上げがないのが実情ですので。


現時点の右サイドのスタメン候補ですが、
SHとしては枝村、野津田、村田。
SBとしては六平、鎌田、飯田といったところではないでしょうか。


野津田と関係性をアピールしているのが、鎌田。
村田とは、この記事では飯田ということみたいですね。
野津田と村田は、ともに守備に不安があるため、
SBの鎌田は、野津田の守備を補完しようとしています。
一方のSB飯田は、村田とともに縦への推進力をアピールしています。


自分的には、開幕SHは枝村と考えています。そしてSBは六平かなと。
最もバランスのとれた両者を使いたいと思います。
しかし絶対ではありません。


なので、状況に応じて使い分けることも考えられます。
例えば上位との対戦には、SH枝村、SB六平コンビ。
勝ち点を取りにいくときは、SH野津田、SB鎌田のコンビ。
後半逆転を狙い時には、SH村田、SB飯田のコンビで勝負。
こんな感じに。


交替枠がたくさんあればいいのですが、3枠しかないですからね。
小林監督はどのような判断をするのでしょうか?
これからの数週間のうちに結論が出ることになりますので、
楽しみにしていたいと思います。




<静岡市予算案>エスパルス応援 アウェー戦PV実施へ

 <静岡市予算案>エスパルス応援 アウェー戦PV実施へ


 静岡市は2017年度、サッカーJ1復帰を果たした清水エスパルスの応援事業を強化する。JR東静岡駅北口広場と清水駅東口広場で、アウェー戦のパブリックビューイング(PV)を計5回ほど実施する計画。市内に本拠地を置く唯一のプロサッカーチームを応援する市民意識の醸成を狙う。6日発表の17年度当初予算案に経費1千万円を計上した。

 PVは5月以降の休日・祝日に行われるアウェー戦に照準を合わせ、東静岡駅北口広場で2回程度、清水駅東口広場で3回程度を予定する。220インチの大型ビジョンを搭載した特殊車両を配置し、市民らに観戦を楽しんでもらう。

 PVでは、清水の公式マスコット「パルちゃん」を盛り上げ役とした交流行事や、公式チアリーダー「オレンジウエーブ」による公演も催す予定。市はPVの実施内容や放映方法について、清水の運営会社エスパルス(清水区)やJリーグ(東京)と調整を進める。

 PV会場とする東静岡駅北口広場は市が第3次総合計画で文化・スポーツの拠点と位置付けた市有地「アート&スポーツ/ヒロバ」で、5月に全面オープンする。清水駅東口広場も、市がにぎわい創出を図る清水都心の中核を成す。ともにJR駅直近でアクセスが良く、PV観戦者の飲食店利用など経済波及効果も見込まれる。

 市は16年11月、清水がJ1復帰を決めたアウェーの最終戦に初のPVを東静岡駅北口広場で開催し、市民ら約4千人を集めた。市スポーツ振興課の担当者は「J1で活躍していく清水への期待感が高まっている。一人でも多くサポーターを増やし、ホーム戦にも足を運んでもらうきっかけにしたい」と話す。

(2017/2/6 静岡新聞夕刊より引用)

◇takaの感想
J2最終戦、徳島とのアウェー戦。東静岡までPV に行ってきました。
設営については改善点がいくつかありましたが、現地は大変に盛り上がりました。


道中、家族三人(娘、嫁、私)で、ユニフォーム来て乗っていたこともありますが、
清水駅から東静岡駅までのほんの30分ほどの往復の電車や駅構内で、
何人かの一般の方々に声をかけられました。
「応援頑張って下さい。」「私はTVで応援しますので頑張りましょう!」
「勝ちましたか?」「どうなりました?」と、こんな感じで。


おばちゃんからサラリーマンのおっちゃんまで本当に声をかけられました。
皆さん、なんだかんだ気になるのかな、興味があるのかな。


アウェーに参戦できないサポーターが思いを共有できる場所がある。
興味はあるけどサッカー観戦をしたことがない人が気軽に観戦できる場所がある。
このPV観戦が定着すれば、地域の活性化にもつながるし、
長い目で見てアイスタへ観戦に来てくれる層を確実に増やしていくと思います。


静岡市の予算案が、どういう意図を持っているのかはわかりませんが、
素直に1サボーターとしては喜びたいと思います。
そしてこれが将来的に街中スタジアムへの布石になればもっと嬉しいです。


そうなるためには、
我がエスパルスはタイトルをとるような成績をおさめて、
沢山の人が関心をもってもらえるように頑張らないと、ですね。