世界に羽ばたけ‼︎Jリーグ&エスパルス

Jリーグと清水エスパルスを応援するブログです。

<高校サッカー>藤枝明誠、初戦で涙 全国選手権

<高校サッカー>藤枝明誠、初戦で涙 全国選手権

 全国高校サッカー選手権は31日、横浜市のニッパツ三ツ沢球技場などで1回戦15試合を行い、本県代表の藤枝明誠は東海大仰星(大阪)に1―2で敗れた。藤枝明誠は1点をリードされた後半8分、中道慶人が直接FKを決めて同点とした。しかし、1分後に勝ち越し点を許した。


 ▽1回戦

 東海大仰星(大阪) 2(1―0 1―1)1 藤枝明誠

 ▽得点者【東】OG、松井【藤】中道


 【評】藤枝明誠は追い付いた直後に東海大仰星に勝ち越された。

 前半はパスの精度が低く、前線にボールがつながらなかった。こぼれ球を相手に拾われ、23分にオウンゴールで先取点を許した。

 後半8分、中道が直接FKを決めたが、9分に相手に右サイドを突破され2点目を献上。退場者を出して10人になった東海大仰星に猛攻を仕掛けたが、39分の遠野のヘディングシュートはバーに阻まれた。


 ■貫いた「超攻撃」 一歩及ばず

 「超攻撃」スタイルを貫いたが、藤枝明誠はあと一歩及ばなかった。目標に掲げた「サッカー王国復活」は不完全燃焼に終わり、ゲーム主将の丹羽は「自分たちのサッカーができなかった。結果が出ないのは今の実力」と肩を落とした。

 松本監督が「無駄な40分だった」と指摘した前半。東海大仰星の高い位置からのプレスに、ミスでピンチを広げた。選手間の距離が遠くパスのつながりを欠き、前線の藤本が孤立した。

 1点を追う後半は3トップ、3バックに変更し勝負をかけた。8分に右サイドで得たFKを中道が決めて同点。直後に勝ち越され劣勢に立った明誠は猛攻を仕掛けた。26分はPKを止められ、39分の遠野のシュートはバーに阻まれた。松本監督は「重要なところで決め切れないのが弱いところ。『王国復活』は非常に遠かった」と天を仰いだ。

 エース藤本は「自分が点を取れなかったから負けた」と自らを責めたが、ドリブルなど個人技で観客を沸かせた。津野はあごを負傷し、遠野も左手を痛めたが最後まで諦めなかった。「今年は個(の力)が強かった。新チームは謙虚さを持って強くしたい」と2年の上戸。「王国復活」は後輩の手でやり遂げる。

(1/1静岡新聞より引用)


◇takaの感想
新年明けましておめでとうございます。
本年もどうぞよろしくお願い致します。


基本、勝手気ままに綴っているだけですが、
Jリーグ及び清水エスパルスの発展のために、
少しでもお役に立てたら、との想いで頑張っていく所存です。


さて藤枝明誠、負けちゃいましたね。
最近の県勢はほとんど1,2回戦止まりですね。
少し寂しいです。


その代わりですが、エスパルスユースは夏のクラブユースで準優勝、
ジュニアユースに至っては、三冠王者です。
自分は日頃から、育成年代のサッカーをよく見てるんですが、
サッカー選手権の立ち位置って、
今のユース世代にとってどういう存在なんでしょうかね。


よく高校サッカーは、アカデミーに入れなかった者がいる場所みたいな
捉え方をしますよね、最近の風潮では。
実際に昨日の藤枝明誠の試合を見る限りでは、
エスパルスユースの試合の方がレベルが高いと思います。
けど、それはあくまでも現時点の話です。
育成年代の子供たちには無限の延びしろがあります。
いつブレイクするかわかりませんしね。


現に今年のプレミアリーグを制したのは、
青森山田高校です。
高円宮杯U-18サッカーリーグ2016 | JFA|公益財団法人日本サッカー協会
生徒のほとんどが、ユースチームからの脱落者達だそうです。
確か、エスパルスジュニアユース出身の生徒もいたような。


ユース世代を成長させるものは、サッカーの技術ばかりではありません。
現在Jリーグで戦う若手の中でも、
ユース出身の選手は全体的に伸び悩んでいるようです。
高校サッカー出身の選手のガッツに負けてしまうようですね。
人生なんてわからないですからね。


なんか、まとまりのない文章になってしまいました。
ちょっと酔ってるからかな、すみません。
とにもかくにも、今年もどうぞよろしくお願いします。




清水まちづくり構想着手 新病院と新庁舎が核

◇清水まちづくり構想着手 新病院と新庁舎が核 静岡市

 

静岡市清水区の桜ケ丘病院の市役所清水庁舎所在地への移転が決定的になったとして、市が新病院と新清水庁舎を核とした清水都心のまちづくり構想の策定に着手したことが、29日までの関係者への取材で分かった。津波浸水想定区域内にある清水庁舎への移転には反対の声も根強く、正式決定前に、市民に示す将来像の検討を始める必要があると判断した。新たに建設される病院と庁舎を防災とにぎわいの拠点に位置付け、まちと港が融合したまちづくりを目指す。

 病院移転に伴い、市はJR清水駅東口公園に新庁舎を建設する方向で検討している。同公園は津波浸水想定区域内にあることから、1階部分を柱だけのピロティ構造にし、改札のある清水駅2階部分と庁舎を高架横断橋でつなぐ案が浮上。高架横断橋に広場機能を持たせることで、清水駅からの緊急避難にも対応する。富士山を望めるオープンデッキとして、にぎわいづくりの中心にもなる。

 新病院と新庁舎を結ぶエリアは、空き店舗などを活用する「まちなかのリノベーション(仮名)」エリアとする。空き店舗や遊休不動産の所有者とビジネス計画者をワークショップなどで結び、民間主導のプロジェクトとして事業化を狙う。既存商店街の活性化にもつなげる。

 市は新病院、新庁舎に、清水港日の出地域で整備を進めている海洋文化拠点を加えた3施設が民間開発の呼び水になると想定。現在は駐車場などが点在する清水駅東側などでサッカースタジアムや複合ビルなど大規模開発の可能性を模索する。

 桜ケ丘病院の移転先を巡っては、病院を運営する独立行政法人地域医療機能推進機構(JCHO)が2017年1月中にも正式決定する見込み。病院現在地周辺の住民らが清水庁舎所在地への移転に反対していることもあり、田辺信宏市長は正式決定後、市民説明会を開く意向を示している。

(12/30静岡新聞より引用)


◇takaの感想
昨日から大前の移籍情報がネット内で賑わっている。
でも冷静に見ていると、騒いでいるのは清水サポだけなんですよ。
当の大宮サポは至って冷静。
「大前が来るわけない、来たらラッキーだけど。」そんな感じですね。


自分は応援のユニが大前なんで、やっぱ残留してもらいたいですが、
清水愛だとかでチームに縛り付ける気は、更々ありません。


自分はやっぱエスパルスが好きなんですよね。
だから、残ってくれたら嬉しいけど、
出ていくのなら新しく活躍してくれる選手を全力で応援したいです。


前振りが長くなってしまいましたが、
今回の大前の移籍についての、大前のメリットは年俸の一点だけだと思っている。
つまり、大宮の提示している金額を清水が提示できれば何の問題にもならないはず。
でも現実には予算というものがあり、
その範囲の中でやりくりしなければなりません。


新スタ構想は、ライセンス規定の遵守のために持ち上がっている話しですが、
エスパルスのチーム力を維持するのにも、
出来るだけ早く着手してもらいたい構想でもあります。
観戦者の増加は、直接強化費の増加に結び付くから。


あとは人口流出を抑制する起爆剤としての役割。
公金を使用するには、地域のためにも必要なものとして認識されないと。
山形で持ち上がっている、街中スタ構想がモデルですね。


そういう観点からの今回の報道は、まだ模索段階の記事ですが、
年末年始にかけて、明るい気持ちにさせてくれる。
隣は中村俊輔取りで盛り上がっているが、
こちらも何か、心踊るような話題が欲しいですね。



移籍・契約更改情報(H28.12/28現在)

現時点の進捗状況を一覧にしてみました。
理想は各ポジション2名ずつに、GK2名の24名(A契約)。
それにユース枠でGK、CB、SB、DMF、SH及びFWに1名ずつ、計30名。
このぐらい厚みを持たすのが理想かな。


■保有選手 
01.GK 植 草 B契約 → 契約更新(たぶんA契約)12/26       
02.GK 西 部 A契約 → 契約更新(12/22)
03.GK 高木和 C契約 → 契約更新(12/13)
04.GK 杉山力 A契約 →
05.GK 碓 井 A契約 →
06.CB 角 田 A契約 → 契約更新(12/27)
07.CB 犬 飼 A契約(ユース)→
08.CB 三 浦 A契約 →
09.CB ビョン A契約 →
10.CB ヤ コ A契約 →
11.CB 立 田     → 新規加入(C契約)内定(10/25) 
12.SB 鎌 田 A契約 →
13.SB 飯 田     → 新規加入(C契約)内定4/27
14.SB 川 口 A契約 → レンタルバック(新潟)12/14
15.SB 松 原 A契約 →
16.SB 二 見 A契約 → 契約更新(12/13)
17.SB キ ム A契約(レンタル)→
18.MF 河 井 A契約 →
19.MF 竹 内 A契約 →
20.MF 六 平 A契約 →
21.MF 福 村 A契約 →   レンタル移籍(岐阜)12/28
22.MF 杉山浩 A契約(ユース)→ 契約更新(12/22)
23.MF 本 田 A契約 → 完全移籍(山形)濃厚
24.SH 枝 村 A契約(ユース)→ 契約更新(12/22)
25.SH 村 田 A契約 → 契約更新(12/22)
26.SH 石 毛 A契約(ユース)→ レンタル移籍(岡山)濃厚
27.SH 野津田 A契約 → レンタル加入(12/26)
28.SH 白 崎 A契約 → 契約更新(12/22)
29.SH デューク   A契約 → 契約更新(12/26)
30.SH 光 崎 C契約 →
31.SH 澤 田 A契約 → 完全移籍(長崎)12/20
32.FW 大 前 A契約 →
33.FW テ セ A契約 → 契約更新(12/22)
34.FW 金 子 A契約 → 契約更新(12/22)
35.FW 北 川 A契約(ユース)→ 契約更新(12/27)
36.FW 長谷川 A契約 →
A契約者合計28名(ユース枠4名含む)


■レンタル組
37.GK 櫛 引 →
38.DF 平 岡 → 完全移籍(仙台)11/28
39.MF 村 松 → 
40.MF 水 谷 → 
41.MF 高木善 → 完全移籍(東京V)12/22
42.MF 宮 本 → レンタル移籍(長崎)延長12/20
43.MF 八反田 → 完全移籍(名古屋)12/27
44.FW ウタカ → 広島退団濃厚
45.FW 瀬 沼 →    山形移籍濃厚
46.FW 加賀美 → 契約満了(11/26)


◇takaの感想
レンタル組を除いたメンバーのうち、移籍確定及び濃厚で5名。
一方、加入は野津田選手の1名のみ。
大分、人員整理が進んできましたね。
先日、MF福村選手のレンタル移籍が発表されたので、
いよいよ、噂のボランチの発表があるものと予想します。


あとは、三浦、キム及びヤコの去就ですね。
どうなるんでしょうか。
ここが固まれば、DFの補強もリリースあるかもですね。
外人枠は有効活用しないと、J1では苦戦しますから。


本社の営業は今日で終了のようですが、
年末もリリースあるんでしょうか?昨年はありましたけど。


放出のリリースが多かったけれど、
これからは加入のリリースでワクワクさせてください。
期待しています。


※GK 六反(仙台)、DF ドスサントスの移籍情報が来ましたね。
年末にかけて幾つか来そうですね。